信頼できる不動産会社に協力してもらうワンルームマンション投資

賃貸契約時に便利

男の人

家賃債務保証会社をご存知でしょうか。賃貸物件への入居契約をする際などに、不動産会社へ連帯保証人を伝える必要があります。保証人になってくれる人を探し、不動産会社の条件に叶うか審査した上で、記名や押印をしてもらいます。この保証人を探すのがいま困難になっています。若年者の職業が不安定になっていたり、高齢の両親が保証人として適切でないと判断されたり、また高齢者本人が入居を希望する場合にも同じことが言えます。個人間の付き合いの中から連帯保証人を探すことが難しい場合に、不動産会社と入居契約者の間に立ってくれるのが家賃債務保証会社です。このサービスを利用すれば、親族や友人知人との人間関係を気にしなくても個人の判断で賃貸契約を結ぶことができるのです。

賃貸契約というと若い方が対象のようなイメージがありますが、最近では高齢者の契約も増えています。高齢者専用物件も次々と増えていますが、高齢者の家賃債務保証については若者よりも深刻かもしれません。年齢的にすでに退職している方が多いですが、年齢的に契約者本人よりも信用の高い保証人を探すのは大変でしょう。こうした場合でも家賃債務保証が役立ちます。高齢者に対しては、身元引受人を兼ねた保証協会などがあるため、さらに安心です。また、家賃債務保証はオーナー側の目線で見ても、収入が安定するという点においては有効な手段と考えることができます。家賃滞納者の増加などに悩まされている方は、ぜひ利用してみましょう。